スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ星の上

2007.01.17 (Wed)
どこまで行こうとも、どこに戻ろうとも、
「同じ空の下、同じ星の上」という言葉が
…フと浮かぶことが多いのです。

ああ、海も空も、地球はのびのびと広くって、
人の心はその広さをものともせずに、近づけるものですね。

*-*-*-*-*-*皆様の毎日が素敵な日々でありますように*-*-*-*-*-*
IMG_1671.jpg
Misako (C) 明るい方へ、明るい方へ。(金子みすず)

去年の夏、ツツイラ島に向かう途中、ホノルルを飛び立って30分後の海と空です。


今年もマイペースなスタートを切ってしまいましたが
皆様と交流できるのを、楽しみにしております♪
みなさま、どうぞご自愛くださいますように!

美しい光に溢れるTYDAさん の光ブログで、ご紹介戴きました!
とっても嬉しい、ありがとうございまァす♪

スポンサーサイト

よいお年をお迎えくださいますように!

2006.12.27 (Wed)
年末に向けてたまった写真の整理をしていたら、
アップロードし忘れていた写真が出てきました。
ハワイから米領サモアへ向かう途中の、南太平洋上です。

夕日が、3つほどミニ太陽を放ったようでした。

Misako(C)

日が沈んでも、余熱が残っているかのような光りを放っていました。…あったかい感じ。
IMG_1728.jpg
Misako (C)
日本では、仕事納めの方が多いでしょうか。
皆様にご訪問いただけて、とても嬉しい一年でした。FC2さんにも感謝デス。
ありがとうございます!

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいますように。
毎日が、楽しくても、苦しくても、良い日々でありますように。



空が好き

2006.09.14 (Thu)
少々揺れの激しいフライトだったけれども、
その分、空は表情豊かでした。
シャンペンゴールドというのかしら。
ホノルルから、米領サモアに向けて、南下中。


Misako (C)
米領サモアへは週に2便。ホノルルからはいずれも夕方飛び立ち、6時間程度のフライトです。

同じ空の下、同じ星の上

2006.08.31 (Thu)
心に溢れてくるのは、
感謝の言葉ばかりになった。
この状態を、幸せと呼ぶんだろうな。

*-*-*-*-*-* 皆様の毎日が素敵な日々でありますように *-*-*-*-*-*
IMG_1726.jpg
Misako(C)2006
太平洋上空で迎える夕暮れ。地球って本当に美しくって、嬉しくなる。


2006.06.17 (Sat)
ひとつ同じ空の下

   ひとつ同じ星の上

いろいろあって忘れがちなことだけど
                地球って…美しいなぁ

青は哀しみの色でもあるが、深く眠らせてくれる安心の色でもある。

Misako (C) Hawaii
見えぬけれども あるんだよ、
見えぬものでも あるんだよ。
              …金子みすず「星とたんぽぽ」

「サボテンと毛虫」

2005.12.11 (Sun)
<サボテンと毛虫>  高俊明

わたしは求めた 美しい花を
しかし神様は とげだらけのサボテンをくださった。

わたしは求めた 愛らしい蝴蝶を
しかし神様は ゾッとするような毛虫をくださった。

わたしは なげき 悲しみ 失望した
しかし 多くの日が過ぎ去ったあと
わたしは目を見張った。

サボテンが多くの花を開いて美しく咲き乱れ
毛虫は愛らしい蝴蝶となって春風に舞い踊るのを

すばらしい神様の御計画

***サボテンと毛虫―高俊明詩集より

台湾民主化に尽力し、
ノーベル賞候補にも上げられたことのある高俊明牧師が
政治犯をかくまったゆえに投獄されたときに生まれた詩だと聞きました。


Misako (C) 2003
初めてアメリカンサモアに渡る時に飛行機から見えた、雲の神殿。
この中は風と電流の嵐だろうが、突き抜けてみれば、神々しいほど美しい。

(旧ブログからお写真引越し中デス)

ハワイから米領サモアへの旅

2005.11.13 (Sun)
ドタバタと用事を終えて、帰路に着く。
ハワイから米領サモアへは、週に2便。
いずれも夕方にホノルルを発ち、一路南へ向います。

飛行機から見る空が好き。空と海は、似ていると思う。
空の端から、夕暮れが染み渡ってくる瞬間。美しい。

Misako (C) Hawaii 2005

そしてあっという間に、夜が来る。
夜を迎え入れて闇に沈むちょっと前、地球は優しい色のベールをまとうのですね。素敵な夢が見られますよう。
IMG_0336.jpg
Misako (C) Hawaii 2005

皆様の明日が素敵な一日でありますように。

一体感

2005.06.01 (Wed)
海を見下ろしたとき、海から空を見上げているのと
似たような感覚を味わって、どきっとした。

そうか…。
海の青は、空の青を飲み込んだ青だものね。

こういう一体感はそれがそのまま、幸福感。
P1020156.jpg
Misako (C) Hawaii 2002
ハワイ島からオアフ島へ戻る途中、風に乗って移動する雲たちと南太平洋の海。
…空みたい。


皆様の毎日が素敵な日々でありますように。

旅の空

2005.05.21 (Sat)
「旅」の楽しさは、
「遠くへ行く」という感覚そのものを楽しむことだと思う。

いかに早く目的地にたどり着いて効率よく旅程をこなすか、
そんな風に考えると何もかもが心配事になってしまうかもしれない。


…蛇行したり枝分かれしたり、
それでもまだ見ぬ海へ(もしくは故郷へ)
とうとうと流れていく水の流れを見るのは、楽しいものだ。

P1020149.jpg
Misako (C) 2005
2002年、テキサスからLAに向かっている飛行機の中から

ご無沙汰しました、復活します♪

2005.05.09 (Mon)
南の島の通信事情が、改善されるハズの工事でしたが、
通信速度は変わらずお値段が上がっただけでした。
ヤレヤレ…。
また、細々と更新してまいりますので、
遊びにいらしてくださいませね!

*********
前回、自己紹介の日記でご紹介した飛行機の翼に乗った光。
なぜ光が乗ってくれたのかは、私にもわかりませんが、
でも、写真を撮っているときには気が付きませんでした。
パソコンにダウンロードしてから、アラマァ。

撮影をしたのは2004年の1月です。
ご縁から、ある方の講演会のお手伝いをさせていただくことになり、
3日間で羽田発福岡~東京~札幌、の忙しいスケジュールでした。が、素敵な旅でした。
福岡から東京に向かう、午前中の写真です。

空の写真、飛行機から見る空、
飛行機の翼の入った写真が好きなんです。

美しい美しい、
嬉しい嬉しいと思いながら
写真をとっていたら、
そのうちの2枚に光が乗ってくれました。

最初、翼に光が乗っかって
P1080047.jpg


それから、寄り添ったようでした(前回の日記の写真です)。
まるで風景を楽しんでいるようですね。
光が乗っていたことに気がついていたら、もっと「光」たちに
フォーカスをあてていたのですが…。
こっそり乗っかって一緒に旅をしていてくれたのが、
なんだか嬉しい思い出です。

皆様の毎日が、素敵な日々でありますように!

幸せでいること

2005.02.26 (Sat)
フ、と楽になることがあるたびに、

幸せでいること、
…幸せになることに必要なことというのは、

抱えている問題そのものが解決するとか、
消滅するとか、

そういうことじゃないんだなぁと改めて実感する。


言い古されたようなことだけれど、
大事なのは心のありようというのは真実だと思う。


苦しいときは、そんな風には思えないのもまた事実。
だけど、
それでも、
 …大丈夫なんだと思える強さは持ち続けよう。

いつでも広い空の下、
空はどこまでも続いているもの、
距離も高さも。


広い、広~い。


高い、高~い。



そう思えば深呼吸もしやすくなった。
みなさまの毎日が、素敵な日々でありますように。


地球のむこうに隠れる太陽が、「じゃあまたね」とピンクのビームを出している。
P9170136.jpg
2005 American Samoa Misako (C)

むずかしいことは何もない、
人間が自分自身にたいしてむずかしいだけだ。(アラン)
著者: アラン, 原 亨吉
タイトル: 人間論


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。