スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渺茫(びょうぼう)

2006.04.20 (Thu)
濃さを増して銀河へ続いていく空と、
形をかえ、高さをかえつつ、遙々旅を続ける雲たち。


渺茫の宙(そら)の下、
青く美しい星の上。
      …そして、それはきっと、とても贅沢なことなのだろう。

皆さまの毎日が素敵な日々でありますように。

Misako (C) Hawaii 2006
渺茫(びょうぼう)とは、果てしない広さを表す言葉。どこまでも、どこまでも…。

スポンサーサイト

違うの、探すことなのよ…

2006.04.13 (Thu)
旅の途中、ハワイにて、
フとしたきっかけで、見知らぬお婆ちゃんと長話…。

薄いグレーの瞳、柔らかそうな皮膚、微笑んだ口元に可愛らしいピンクの口紅。
銀色の髪の毛をゆったりシニヨンにまとめて、
耳元で揺れている小さなイヤリングは、プルメリアの花をかたどったものだった。
そして、ふんわりと花の香り…懐かしい、ガーデニアの花の香り。

「あのね、人生で一番だいじなことって、わかるかしら」
「…だいじなこと…?」

「探す、っていうことなのよ、ね」
「…探す?…見つける、ってことは、違うのかしら」

「違うの。違うのよ。
 見つけるのっていうのは、ご褒美みたいなものかしら。
 だから大切なのは、探す、っていうことなのよ。
 ちょっと難しいかしらね。でも、みんな、わかる日が来るものよ。
 歳を重ねるのは素敵なことよね」




どこからか、ゆったりとハワイアンギターが聞こえてきていた。
足元の波のリズムと泣きたいほどに良く似合う。
20060413133908.jpg
Misako (C) Hawaii
風と歩き、雨と佇む。
 波を迎え、雲を見送る。
   …人生も、また、旅ならば。

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。