スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よいお年をお迎えくださいますように!

2006.12.27 (Wed)
年末に向けてたまった写真の整理をしていたら、
アップロードし忘れていた写真が出てきました。
ハワイから米領サモアへ向かう途中の、南太平洋上です。

夕日が、3つほどミニ太陽を放ったようでした。

Misako(C)

日が沈んでも、余熱が残っているかのような光りを放っていました。…あったかい感じ。
IMG_1728.jpg
Misako (C)
日本では、仕事納めの方が多いでしょうか。
皆様にご訪問いただけて、とても嬉しい一年でした。FC2さんにも感謝デス。
ありがとうございます!

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいますように。
毎日が、楽しくても、苦しくても、良い日々でありますように。



スポンサーサイト

ジャングルから、メリークリスマス

2006.12.17 (Sun)
お勝手のドアを開けると、どこで見ているものか、
エサだ!とジャングルの奥から家の前まで飛んでくる雌鳥。

めずらしく草木の間をヨッコラショ、と歩いてきて、段の上で止まりました。
と、彼女の足元で、モコモコとヒヨコたち!

私に懐いているというわけでもないのですが、
ヒナが孵るたびに、このスポットをお披露目場所にしてくれているようです(エサをねだりに)。

一段高くなっているので、ヒヨコを連れている身としては安心するんでしょうね。
そして私がその段のところまで、イソイソとエサを運ぶのも覚えてしまった模様…。

ここのニワトリたちは、誰かのものというわけではなく
自由に闊歩し、勝手にテリトリーを決めているようです。

そして、白いニワトリはホトンドいません。
みんな上手に、地面や枯葉に紛れる色をしています。
今回のヒヨコは、…6羽くらいでしょうか。

あまりの可愛さに、写真が曲がってしまいましたがお許しを。
クリスマスシーズンに生まれたヒヨコたちとともに、皆様へ
マァヌイア、レ、ケェリシマシ!(サモア語で、メリークリスマス)


Misako (C) American Samoa
シャッターを切った瞬間、ブルブルという黒い鳥が彼らの前に着地して、真ん中に収まっちゃいました。パパイヤが大好物で尻尾の付け根の毛が赤い、可愛い小鳥です。ごめん、今日は私もパパイヤを食べなかったので残り物はないのよ…。

マタフォノ山の羽衣

2006.12.08 (Fri)
ツツイラ島で一番標高の高い山、マタフォノ山(標高653m)。

港周りの部落に雨を落として軽くなった雨雲は、
羽衣になってマタフォノ山をふんわりくるみ、そして空に帰って行きます。

*-*-*-*-*-*-*皆様の毎日が素敵な日々でありますように*-*-*-*-*-*-*


いつもマタフォノ山に見守られているのが、私のいる部落。
手前からパンゴパンゴ湾、右手にセイディーズトンプソン(サマセットモームの小説「雨」の舞台。今は船乗りで賑わうバーと、レストランとホテルです)
私のいる集落は木々に隠れて見えませんが、写真の左端のやや山を登ったあたりです。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。