スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑のグラデーション

2007.01.28 (Sun)
雨上がりの、まばゆい緑のグラデーション。
ジャングルの上空では、きっとどこかで虹がかかっているのでしょう。

赤い顔に黒いボディの小鳥が鋭く鳴いて、
梢を渡っていきました。

*-*-*-*-*-*-*-*皆様の毎日が素敵な日々でありますように*-*-*-*-*-*-*

Misako(C)
登山の目標は山頂と決まっている。
しかし、人生の面白さはその山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にある。
by吉川英治
スポンサーサイト

同じ星の上

2007.01.17 (Wed)
どこまで行こうとも、どこに戻ろうとも、
「同じ空の下、同じ星の上」という言葉が
…フと浮かぶことが多いのです。

ああ、海も空も、地球はのびのびと広くって、
人の心はその広さをものともせずに、近づけるものですね。

*-*-*-*-*-*皆様の毎日が素敵な日々でありますように*-*-*-*-*-*
IMG_1671.jpg
Misako (C) 明るい方へ、明るい方へ。(金子みすず)

去年の夏、ツツイラ島に向かう途中、ホノルルを飛び立って30分後の海と空です。


今年もマイペースなスタートを切ってしまいましたが
皆様と交流できるのを、楽しみにしております♪
みなさま、どうぞご自愛くださいますように!

美しい光に溢れるTYDAさん の光ブログで、ご紹介戴きました!
とっても嬉しい、ありがとうございまァす♪

今年も素敵な日々でありますように

2007.01.06 (Sat)
皆様あけましておめでとうございます。

クリスチャンがほとんどのこの島では、
クリスマスのお祝いを延々とお正月までやっているような感じですが
新年、伝統料理の「ウム」の写真を、撮らせていただけました。

急な斜面の山肌にしつらえてある「ウム」の調理場にて
石を焼き、浅く穴を掘って石を置き、その上に食材、
そしてバナナの葉で蒸し焼きにしていきます。
(この調理法も、出来上がったご馳走も、両方「ウム」といいます)

特別な日の「ウム」は男性の仕事、大人が肉の仕込をしていて、
シルヴァ君(15歳)とノエラニ君(19歳)が青バナナの皮を剥いています。

後ろで石を焼いているのでものすごく暑いのですが、
二人は何事もなく、楽しそうにオシャベリをしつつ、のんびり皮を剥いていました。

…なんだかもう、見ている方も嬉しくなる笑顔です。

*-*-*-*-*-*2007年も、皆様の毎日が素敵な日々でありますように*-*-*-*-*-*

Misako(C)American Samoa
写真は手前から、
タロイモの皮(土に返すためまとめてあります)、
バナナの葉の上に皮を剥いたタロイモ、
皮を剥き終わった青バナナ、少年二人、
その後ろで石を焼いていて、奥に仕上げ用のバナナの葉。

左右のタロイモの葉からご想像いただけると思いますが(特に右側!)、
ウムの場所にたどり着くのも、背の低い私にとってはジャングル越えです。
最後のタロの葉を左右に割ったら、おとぎ話みたいな風景が見えた、といったところでしょうか。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。