スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪解け水

2014.05.25 (Sun)
数年前に近くの川が流れを変えて、車道の一部を流してしまってから
「隠れ名瀑」となっている山奥の滝まで、5月の散歩。

滝まで往復18キロの道のりは「散歩」というには長いけれども
元々は車道だった部分も多く残っているので
山登り、とはまた、少し違う趣の旅路です。

水音に空を見上げると、見事な滝。
雪解け水の豊富なこの時期、岩肌は濡れて陽光に輝き、
「妖艶」という言葉を思い出すような、不思議な感覚に飲み込まれました。

車が入れなくなり、同時に週末ごとに沢歩きをしていた人々の足も遠退き、
かつては賑わっていたという滝の先の元キャンプ場は、
もうすぐ森に飲み込まれていきそうでした。
山道もしかり。

鹿の足あと、ボブキャットやコヨーテが仕留めたであろう獲物の残骸、
茂みの影からこちらを見つめる野うさぎの、茶色い瞳。
花をつけはじめた野草の香りが空気に漂い、空では野鳥たちが声を競って歌っています。

人が入りにくくなった山道というのは、
自らも緑色に染まってしまいたい…と願うように歩く旅人には、
どこまでも優しい存在です。


***皆様の毎日がすてきな日々でありますように***
IMG_3122.jpg
巨大な岩で形成されている山々の頂から、
清冽な雪解け水が降り注いで来ます。
夜には、銀河が落ちてくるほどの闇なのでしょうね。
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。