スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽と風

2010.02.25 (Thu)
朝、床の上に
どこから迷い込んでしまったものか、
蛾が死んでいた。

…羽の模様が、見事なまでに木の皮そっくり。

目の前の林に返してやろうと思って
手のひらに乗せて外に出たら
フワリと風が蛾を持ち上げて

そのまま高く舞い上がり
くるくると、林の中へと戻っていった。

羽というものは、誠に持って
風を受けて飛ぶためのデザインになっているのだなあと
感心しつつ

幼い頃、風を見る練習をしていたことを思い出した。

風が見えるようになると、飛べるようになるんだよ、と
教えてくれた友達。
私は本気で練習して笑われたものだけど

飛ぶためにデザインされた羽、というのは
案外、誰の中にもあるもので

羽の持ち主が風をとらえるのを、
わくわくしながら待っているものなのかもしれない、とふと思う。

風と踊る雲たち。深い空、宇宙へ続く青。
IMG_5956.jpg
****** 皆さまの毎日が素敵な日々でありますように ******

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/111-317cf0fb
トラックバック
コメント
マーズさーん♪
わーい、同年代パワ~(^^)私もこのドラマを知っている人に出会ったのは日本人はマーズさんが初めてですよーっ♪嬉しい♪
>それにwikiで調べたら、あのシスターはサリー・フィールド
ンまあ、それは私も驚きの発見です!すごいなあ、息の長い女優さんだったんですね!再放送してくれないかしらん…!
私も、今でもあの帽子欲しいですっ♪(気軽に飛んでみたい…)

水砂子 | 2010.03.01 21:14 | 編集
うわぁ~うろこさん、すごい!ありがとう!
このドラマのこと覚えてる人に初めて出会ったのよ~!
The Flying Nunってタイトルだったんだ~なんていうドラマだったんだろうって、ずーっと気になってたんですよ。いろいろ検索かけたけど見つけられずにいたので、わかってうれしい!それにwikiで調べたら、あのシスターはサリー・フィールドだったこともわかってまたびっくり。

私このドラマ大好きで、あの帽子があったらほんとに空を飛べるかもって思ってたんですよ~夢にまで観てましたから~(笑)
マーズ | 2010.03.01 05:15 | 編集
zazen様、暖かい心のこもったメッセージをありがとうございます!
> 「高度千メートルの上空から地上で生活する人々を観察する場面を想像する。その時、心は大空のように広く晴れ晴れとして、…
読むだけで自分が高みへといざなわれて行くようです。自分の悩みは遥か小さく、そして地上で暮らす人々の生活を思うと、人生がますます愛しく思えるものですね。
写真をプリントアウトしてくださったなんて、ありがとうございます!
空は実に表情豊かで魅力的で、いつも安心させてくれる存在です。遠方に見える山はオリンピック山脈のブラザーズ山で、いつも悠々と空や天気を眺めている感じがします。
うろこ | 2010.03.01 00:28 | 編集
 「自我を無くし、真実の自己にめざめること」とは、鈴木大拙の言葉だそうです。私はこの言葉にあやかりたく思って、毎日、次のように唱えます。
「高度千メートルの上空から地上で生活する人々を観察する場面を想像する。その時、心は大空のように広く晴れ晴れとして、元気ハツラツ活き活きとして、明るく楽しく朗らかに、強く正しく逞しく、積極的に勇ましく、冷静・沈着・謙虚になり、
煩悩も無くなり、自我も無くなり、真実の自己に目覚めることができる」と。
 まとまりのない文ですが、でも、この言葉で表現しようとする気持を力づけてくれるような、写真です。
 早速、写真用の紙にコピーして、ケースに入れて、本棚に掲げさせていただきました。ありがとうございました。
zazen256 | 2010.02.28 12:24 | 編集
マーズさん、その番組私も覚えているかも(^^) 原題はThe Flying Nun というのじゃないかしらん。 & 思いっきり実話と思っていましたよっ!

> 人間は空を飛ぶことはできないかもしれないけど、羽ばたく為の羽はみんなの心の中に持っているのかもしれませんね。
そうですね、きっとそうなんだと思っています。
根拠はないけれども
根拠とか説明というのは後から付いてくる場合もありますしね(^^)
水砂子 | 2010.02.27 16:44 | 編集
私も子供のころ観たアメリカ?のドラマで、大きな帽子をかぶったシスターが空を飛ぶ話を本気にしてました。あれなんてタイトルのドラマだったんだろう?
人間は空を飛ぶことはできないかもしれないけど、羽ばたく為の羽はみんなの心の中に持っているのかもしれませんね。
マーズ | 2010.02.27 03:43 | 編集
ああ、まだお会いしたことはないのに、
なんだか、ゆっくり空を見上げているハルミズキさんの姿が浮かぶようです(^^)

> 「風を見る練習」なんて、うろこさんらしいなぁ。
エヘヘ。実は、本当に風が見えたらどんなに素敵だろう、と、今も時々思うんですよ。
木々を揺らし水に模様をつけ、雲と踊る風は自由そのものですもんね(^^)
こちらこそ優しいお気持ちありがとうございます!
水砂子 | 2010.02.26 20:49 | 編集
「風を見る練習」なんて、うろこさんらしいなぁ。
幻想的な写真ですね・・・。
まさに、風と踊っている雲たち。
小学生の頃、校庭や学校の帰り道によく空を見上げてました。
大人になるにつれて、空をいつまでも見上げることがなくなってきました。
ステキな写真をありがとうございます。
ハルミズキ | 2010.02.26 20:13 | 編集
ご無沙汰しました!
これはこれは、私の背筋が冷えました!!!
なんと恐ろしい………!!ご無事で何よりでした、本当に!!
それにしてもこの世のものではないように美しい絶景の中で、急に飛行機のエンジン停止とは……タイプしているだけで指が冷えてきます!
ご無事でよかったです、本当に…(言葉にならず)
水砂子 | 2010.02.26 17:01 | 編集
お久しぶりですね。
とても素敵な投稿ありがとう。
ご存知か、ボクも遊びで飛行機を飛びます。その飛行機で、もう少しで”オサラバ”になる経験を先週しました。詳細はボクのBlogを訪問してください。
muso | 2010.02.26 07:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。