スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさと

2010.11.17 (Wed)
15年ぶりに実家に帰る相棒について、義理父母と初対面をすませた。
ふるさとの家。ひたすら息子との再会を喜ぶご両親と、老いて小さくなった両親にとまどう息子。
暖かい光景であった。

両親も身罷り、ありがとうもろくにいえなかった私にとっては
とうの昔に葬った感情を箱から出して見せ付けられるような旅ではあったが

たとえ帰れなくても、帰る場所があるというのはそれだけで幸せなことなんだろう。

遅くなってしまったけれど、両親への感謝を込めて日々をすごしていきたいとフと思う。
Hoodcanal.jpg
雲海があふれてくる朝の入り江。いつでも優しく抱いてくれるこの入り江を見るとほっとして「ただいま」と言いたくなる。ここが、私の今のふるさと。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/121-9f980c78
トラックバック
コメント
ペンギン村のペンちゃんさま♪
まったく船乗りというのは、「浦島太郎そのまんま」みたいなところがあって、
本人は数年のような感覚だったようで、思い出よりも大きく育っている木々や、老いて倒れた木々にいちいち驚いていましたよ。私とも7ヶ月ぶりの再会でしたが、先月会ったのに、くらいな感覚だったみたいです。

親子の愛というのは、どんな立場で見ても暖かいですね。
たしかに大人になると親との距離の取り方は難しい部分も出てくるので
船乗りでいるのは、選択肢があまりない分、お互いに気持ちの部分を理解しやすいのかなあ、とも思ったりしました(^^)
うろこ | 2010.12.15 15:40 | 編集
お返事が大変遅くなりました!
FC2からのお知らせがスパムメールになっていて、
どなたもコメントをくださらないなぁ…とボンヤリしていたのです~(><)←こういう部分は万遍なく私を貫いているのですよう・ごめんなさい~~

にゃ~、nappu さん、暖かいおことばをありがとうございます~。
いえいえいえいえ、私も nappu さんの大きな愛をいつも尊敬していますよ~。インターネットって不思議ですよね。

親御さんが健在のうちは、遠慮なく言いたいことを言いあえるのも親孝行のうちですもんね。
こういうことって、気づくのに時間のかかる宝物かもしれませんね。歳を重ねるのもいいものだなあ、とつくづく思う瞬間でもあります(^^)
うろこ | 2010.12.15 15:34 | 編集
ダーリンさんは15年ぶりだったんですね(@@;)
これから、たくさん親孝行できるといいですね。今はインターネットもありますから・・・。

ヒトが親孝行しているのを見ると、心があったかくなるような、自分のしていることが妙に反省されるような・・・。
実家との距離の取り方は難しいですね。。。
ペンちゃん | 2010.12.02 16:10 | 編集
オンタノでは、元気でパワフルなうろこさん。
こちらでは、のんびりゆったりのうろこさんに癒されてます。

どちらも併せ持っていて、やっぱりうろこさんには叶わないな~すげ~な~って
本当に尊敬しています。
(お会いした事ないのに、偉そうにごめんなさいね)

人生の折り返しを過ぎて(あっまだ?)、どんどん年をとっていく親を見ると
寂しさせつなさが募りますね。

でも、人の行く道、自分も通る道ですので
今は感謝の念を込めて、元気に憎まれ口をたたいています。

nappu | 2010.11.23 16:04 | 編集
暖かくおかえりを言ってくださってありがとうございます、ハルミズキさん(^^)
そうですね、女性は特に嫁いだ後の実家は「訪れる場所」になるものなんでしょうね。
いつの間にか守られる立場から守る立場に変わっている自分を確認するのはおどろきもありますが
そこで踏みこたえるしなやかな強さをハルミズキさんはお持ちですね。
帰る場所は自分の心、という優しいお言葉をありがとうございます。
「おかえり」を聞きたい心はそのまま、「おかえり」を贈る暖かさに変えていけるようにしていこうと思います。
伝えても伝えきれないほどの両親へのありがとうを、いつも心に抱きながら…。Hugs,
水砂子 | 2010.11.18 20:23 | 編集
お帰りなさい・・・。

たとえ娘でもあっても、嫁に出て世帯を持つと、実家は、帰るべき家ではなく、訪れる家になります・・・。
昔、夫と喧嘩して、2人の子供を連れて帰ったとき(喧嘩したことは告げずに、遊びに来たふりをしたんですが)、ただならぬ娘の気持ちを察した両親が、おろおろして心配する姿を見た時、そう感じました。
ここは、もう私の帰る所ではなくなってしまったって。
すごく寂しかった気持ちが、今でも心に刺さってます。
でも、その時思ったんですよね・・・、私は、子供たちのために強くならなくては!って。
結局、人は・・・、帰るべき所は、自分の心にだけあるのかもしれません・・・。
すみません、つまらない独り言でした・・・。
ハルミズキ | 2010.11.17 23:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。