スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言いそびれたありがとう

2014.02.09 (Sun)
母が亡くなってから、33年目の冬

高台から山脈を見つめていたら
幼い私を連れて、よく山や渓谷へ連れて行ってくれた母と
母が好きだった詩を、ふと思い出した。

山のあなた
カール・ブッセ 上田敏訳

山のあなたの空遠く
「幸」住むと人のいふ
ああ、われひとと尋めゆきて
涙さしぐみ、かへりきぬ
山のあなたになほ遠く
「幸」住むと人のいふ

IMG_2575.jpg

私が山登りを愛するのは、
幼いころから山に連れて行ってくれた母親の影響なのだなあ。

母親へお礼を言いそびれていたことがらを、
33年もたっているというのに、
未だに、しょっちゅう発見してしまう。

きっと、これからも
きっと、一生

言いそびれた「ありがとう」の多さに
改めて驚き続けて、その度に、こんなふうにオロオロするのだろうな、と思いつつも……

人生は、宝物だ。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/145-a033cf2f
トラックバック
コメント
リスンさん、暖かいお言葉、ありがとうございます!
今年、母親が亡くなった時と同じ年齢になることを考えると、ゾッとしたりしますが…。
反抗期最中の出来事だったので、感謝はおろか、反抗ばかりした時期で
申し訳なさで、今もいっぱいなんです。
しょうもないことばかりしていたので、反抗期のころって、ほんっとに(涙


コメントに気づくのがずいぶん遅くなってしまいました!!大感謝です。
水砂子 | 2014.05.02 17:43 | 編集
お母様、そんなにお若くして亡くなられたのですね。。。さぞかし心残りであったでしょうね。

うちの老母はまだ健在(?)で、すったもんだしておりますが、感謝の気持ちを持たなければなりませんね。。。
すっかり忘れておりました>汗

リスン | 2014.02.16 06:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。