スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日

2014.08.01 (Fri)
7月が終わった。
私はこれで、母親が地球で過ごした年齢を上まってしまった。

私の中の母親は、今でも、あの日のまま。

いつも、たおやかに笑っていた母
山や清流への道を探しては連れていってくれた母
人のことばかり心配して、人の世話ばかりして、
いつでも笑顔で、感謝の言葉ばかりを連ねて
文句のひとつも言わずに旅立ってしまった、優しい人。

熱に浮かされた最後の言葉でさえ、
私の好物の飲み物が冷蔵庫に入っているからね、と念を押す一言だった。

当時、不運の轍に組み敷かれた感じであえぐ我が家は、
冷蔵庫なんて贅沢品はなかったのだが

…母は家族の世話を楽しんでいた頃の夢を見ながら、私に
最後の「ありがとう」を言うチャンスをくれた。

私はこれから、母親よりも老いていくのか…と思うと
お手本のない明日をつきつけられるようで怖くなる。

閉ざされた扉の向こうを考えるのは愚かなことかもしれないが
…伝え切れなかったありがとうの数を思えば、ぞっとする。

お別れのころ、私はいかにもワガママな思春期の娘だったので
一度でいいから、ちゃんと「ごめんなさい」を言いたかった。

きっと、いつものように、
「いいのよ、みさちゃん。だいじょうぶ。わかってるよ」と、
優しく言ってくれたのだろうか…と、今も母に甘えている。

ああ。
母が授けてくれた命が、母の年齢を超えてしまった。

まだまだ、これから…と思っている自分と
この年齢を祝うことのできなかった母親と

なんだか心の中がざわついて
上手く言葉に編み上がらず

7月は、気がつけば山に入っている時間が長かった。

山奥やせせらぎの音を愛していた母の心を、
聞きそびれた物語や愛の深さを
少しだけも分かれば良いな、などと祈りながら

母の面影を求めて、おろおろと山を歩きまわり
山頂につくたびに、いいそびれた「ありがとう」の数々を空に放って

少しでも母に近づきたくて
母の後を追うことばかり考えていた、父の悲しみを考えて

IMG_3717.jpg
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/150-e9b53db7
トラックバック
コメント
いえいえ、zazen さま、こちらも大変ご無沙汰しております!
暖かく優しいお言葉、ありがとうございます。
zazen さまのおっしゃるとおり、母はいつも一緒にいてくれるような気がします。
あの、優しくて心配性の母のことですので…

zazaen さまも、お父様とは早いお別れだったのですね。
後悔の念が感謝だけになるというのは、私も祈るような気持ちで目指しているところです。

> 「神はゆっくりモード゛で導いてくださる」、という言葉は真実であると思います。
柔らかな言葉をありがとうございます。

天風先生の教えだと、100歳以下は事故死、早世ということですので、
zazen さまも私も、これからの道のりが長いですね!
いつも、本当にありがとうございます。
今後とも、未熟ながら頑張ってまいりますのでよろしくご指導くださいませ!

暑さ厳しき折、どうぞご自愛くださいますように。
水砂子 | 2014.08.02 21:18 | 編集
昨年からいろいろなことがあり、大切な記録ファイルをどこかへしまいこんでしまいました。
申し訳ございません。

 水砂子さんのお母さんは、必ず水砂子さんの素晴らしさを分かってくださっていたと思います。

その素晴らしい点をお母さんに見ていただく気持ちになって、磨き上げてください。

 
 私も25歳の時、47歳の父を亡くしました。
私の場合は随分と反抗しました。
でも父は、ある時は笑顔で、ある時は静かにじっーと眺め、私を観ていました。
 私が小学中学生のころには、古人の言葉をよく聞かされました。随分と記憶力の良い父でした。
 
 父を亡くした後は、後悔と尊敬の気持ちを強く持ち続けています。最近には尊敬の念が強くなりました。もはや、後悔はしていません。何故なら父は私を温かく見守っていてくれたことが、良くわかるからです。

 76歳になった私は自分の運命に従って、一生懸命に生き抜いて行こうと思っています。

 目標に向かって、積極的な心を持って、生きていこうと思います。
「神はゆっくりモード゛で導いてくださる」、という言葉は真実であると思います。

 中村天風さんによると、積極的な心とは
「清く、尊く、強く正しく、善良な心であり、
 喜びと感謝の気持ちが充満している心である」
とのことです。

 これに私は「先祖代々受け継いでいる遺伝子の働きに助けられて、道を切り開いていく心でもある」ということを追加しております。

 水砂子さんの母上様は、必ず水砂子さんを見守ってくださっていることと思います。
母上様は、何時も水砂子さんとご一緒だと思うのです。

 乱文にて失礼しました。


 
zazen256 | 2014.08.02 12:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。