スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐を抱える谷

2015.03.10 (Tue)
山登りにはまだ少々早い時期ですが
南に向いている斜面に続く山道を登ってきました。

南の頂上について、北へ降りていく斜面へ歩を進めようとしましたが、そこは別世界。
嵐になぎ倒された木々で、山道はすっかり閉ざされていました。

ここは、北太平洋からの嵐や吹雪を、冬の間中ずっと抱えてくれる谷なのでした。

深い谷と壁のごとき山脈のおかげで、
私がいる集落は、冷えこんでも雪が積もっても、
この山が経験しているほどに激しい暴風雨に見舞われることはありません。


**************************************************
林から一歩前で谷を見つめていたこの樫の木は、雷に打たれたのでしょう。
後ろに連なるもみの木の銀色の木肌を前に、悲しい美しさを見せていました。
f
樫の木はのんびりと新芽を出すので、夏になったらあるいは、かわいい葉が見られるかもしれません。
それとも、岩肌にかじりついているもみの木たちを支える、土へと戻っていくのかも…。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/157-110d9ad2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。