スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌を忘れたカナリヤは…

2005.09.20 (Tue)
夕方でもない、夜でもないほんの一瞬、
水平線の向こうには地球の影が帯になって現れる。

レアヒ(ダイヤモンドヘッド)の上に満月が昇って、
月明かりが波に揺れながら足元を洗ってくれた。

…幼いころ、よく母親が歌ってくれた西条八十の「カナリヤ」を思い出した。

歌を忘れたカナリヤが、再び歌いだすために必要なのは
罰でも脅しでもなく、大事にしてあげることなのよねぇ…と
髪をなでつつ歌ってくれた、母の白くて細い指と優しい声もよみがえる


西条八十の「カナリヤ」については著作権が存続しているので、
歌詞についてはコチラをごらんください


P7010025.jpg
Misako(C)2004 Oahu, Hawaii
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/44-2776f8c8
トラックバック
コメント
素敵な紙芝居をありがとうございます!
じんわりと懐かしくて暖かい物語と、優しい色調の絵、構成…
とてもとても、感動しました!
ありがとうございます!
水砂子 | 2005.10.02 16:51 | 編集
水砂子さんのブログ、いつも本文読んでない証拠?
ばれてしまいました。
たいへん失礼しました。
読めば、みれば、ちゃんとダイアモンドヘッドと書いてあるではないか?
いつも写真に見とれているといえばそれまでですが、まことに申し訳ありませんです。
エセ男爵 | 2005.10.02 01:41 | 編集
カヌーorアウトリガーと重なった向こうの島なみ?は、ダイアモンドヘッドですね?
これ、望遠で撮られたのですか?
しかししかし、なんてきれいな月夜なんだろうか。
なんとすてきなミルキーカラーなのだろうか・・・
何度見てもこの色、すばらしい、、、
エセ男爵 | 2005.10.02 01:37 | 編集
思い出した。
乳白色のカクテルがあったことを・・・
あるいは、カルピスにブルー系統のリキュールを混ぜるとこんな感じになるか、、、。
ウムウム、、、
さらに何か加えるのかな~
なぜか、カクテルのような穏やかな甘い香りが漂う夕暮れ時か?・・・
絶妙な色バランスの、絶妙な構図の、面白い写真ですね。
もっと知りたい!もっと奥がある?
そんな水砂子さんの感性の広がりが伺える、、、。
久しぶりのお邪魔虫です。
前後記事、写真と詩歌的文章、これまたすてきですね。
エセ男爵 | 2005.10.01 06:30 | 編集
http://www.i-doll.cc/momo/
桃組紙芝居が出来ました。
良かったら見てみてね。
桃組工房 | 2005.09.24 15:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。