スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会いたいなぁ

2005.09.22 (Thu)
私の母親は、私の父親と出会ったとき、
幼い兄をつれて洋裁店を切り盛りする未亡人だった。

やがて私を身ごもり、父親は生活を共にするようになった。
昔のこととて、いろいろ大変だったようだ。

周囲のいろいろもあってのことだろうが、
私の両親はずっと籍を入れずにいたので、
我が家には苗字が二つ存在していた。

私はそのことについて格別な思いはなくって、
周囲の大人に、不思議に思わないの?
あなたはボケッとしてるわね…なんて、笑われた。

私はとにかく家族に精一杯愛されて大切にされていたので、
それ以外のことはどうでもよいこと、と、
心のどこかで思えていたのかもしれない。

やがて私が13歳になったとき、
父と母は書類上も夫婦になった。

夕方の富士山が見える海辺の道を走り、
小さなレストランで記念の食事をした。
二人は嬉しそうだった。
そして丘の上に、小さな一軒家を購入した。

緑のススキ野原が広がっていて、
遠くから風が渡ってくるのが見えるような場所だった。

そして半年も立たぬうちに、家産はやぶれ、
私たち家族は物理的なものは全て、失った。

母はそれでも笑顔で家族を支えながら、
寒い寒い冬の夜、頭が痛いと言って倒れ、
そのままあっさり、逝ってしまった。

父親と兄はそれまでこらえていた確執を一気に吐き出し、
私はオロオロとするばかりで
家族はあっという間にバラバラになった。

寂しくて
悲しくて
懐かしい幸せの日々を考えることすら苦しくて…

頬をさすような冬の風は痛いほど冷たいのに、
夕日や夕焼けは色だけが暖かくって、
暖かいようなふりをしていて、
実際は手も届かず、暖まりもしないのに、
夕焼けなんて、暖かさを見せ付けているだけの、
とっても意地の悪いもの…そんな風に思ったり。


夕焼けが好きな自分に戻るまで、
ずいぶん時間がかかったように思う。

もう手の届かない思い出になってしまったことだとしたって、
私は愛されて幸せな子供だったと、感謝をこめて思い出すまで
ずいぶん、ずいぶん、時間がかかったように思う。

昨日、母親の歌っていた歌を、声を思い出したら、
なんだかとても、会いたくなった。
走りよって抱きついて、ありがとうを、言いたくて。


Misako(C)2005 Yokosuka, Japan
夕日がなめらかにのびる夕凪の海と、富士山のシルエット、そして空が、宇宙に続く。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/46-82bd7f10
トラックバック
コメント
エセ男爵さま、ありがとうございます。
優しいお気持ちが伝わってきました。
水砂子 | 2005.10.02 17:41 | 編集
暖かくいお言葉をありがとうございます。
いろんな体験から集めた宝物をつないでいければ、素敵なことですね。
やっぱり、人生は宝物なんだなぁと改めて思いました。
ありがとうございました。
水砂子 | 2005.10.02 17:39 | 編集
別れも介護も、いろいろの立場において、言葉に尽くせぬ哀しみがあるものですね。
特に長年の介護に携わる方とご本人の、いろいろな痛みは計り知れないことと思っております、どうぞ、ご自愛くださいますように…
水砂子 | 2005.10.02 17:28 | 編集
心優しいコメントを、ありがとうございます!すぅっと染み入りました。
もともとノーテンキな体質なので、元気で生きております。
それが母にとっても喜ばしいことであるという考えは、本当に嬉しいデス。
ありがとうございまぁす!
水砂子 | 2005.10.02 17:05 | 編集
背骨に発生しました。
直ちに背筋に震えがおこり、電流は後頭部に達して涙腺に影響を及ぼしました。
以下、
無言・・・
エセ男爵 | 2005.10.01 06:36 | 編集
・・・読んで、胸に来て。

何かコメントを書きたいと思うのに、言葉が出てきませんでした。代わりに涙が出た。

愛されて、大切にされた。
その体験を子供の心にしっかりと残すことが、親が子に手渡す最大の遺産かもしれませんね。
multirole | 2005.09.29 18:39 | 編集
12年前に私の母も、くも膜下出血で倒れ、8ヶ月植物状態から、今に至っています。
父も5年前に他界。長年の介護は家族にも本人にも過酷です。
素敵な母の記憶が薄れてしまわないように、私も母の歌ってくれた歌を思い出します。
桃組工房 | 2005.09.24 15:33 | 編集
僕が勝手に作っていた水砂子さん像には到底表れない足跡を知って、いささか驚いています。
僕の両親は健在ですが、若いときに親を亡くすというのはどんなに辛いことだったかと、思ったりしています。
とても真摯に生き方を考えている方だなあと感じていたのは、そんな経験をされていたからなんだなあと感じ入ってしまいました。
幸い、今、人生や生活を楽しく過ごされているようで、お母さんにとっても何よりかと思います。
こもれび | 2005.09.23 06:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。