スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイの神話・虹とメネフニ

2005.10.31 (Mon)
ハワイの神話・虹とメネフニ

メネフネ(メネフニ)とはハワイの伝説に出てくる小人たちのことです。
(自然ともニンゲンとも仲良しの妖精・いたずら好きとも言われる小人です)

大好きな大好きなお話ですので、
ちょびっとアレンジさせていただきました
では、始まり始まり…。


*-*-*-*-*-*-*-*-*
むかしむかし、おおむかし…
ハワイに虹がなかったころのお話です。

ハワイに住む全てのものは恵みの雨を有難く思っていましたが、
困ったことが一つだけありました。

雨が降れば空はにぶく沈んだ灰色に、
空を映す海も、いつしかみんなの気持ちも暗く沈んだ灰色に…。

「なんとかできないものだろうか」

メネフネたちは集まって、
みんなで何度も相談し、ステキなアイディアができました。

「ようし!みんなでいっしょにがんばって、
雨が楽しくなるような、ステキなものを作ろうよ!
そうしてそれを、「アヌエヌエ」
(ハワイの言葉で「虹」の意味)と名づけよう!」


さぁて、それからみんなは大忙し。
虹の色の材料を、探さなければ。

メネフネはあっちこっちをさがします。
きれいなもの、すてきなもの、
見ていて嬉しくなるものたちから色をもらってこなければ、
すてきな虹にはならないだろうと思ったからです。

海のうんと深いところへどんどんもぐり
山の奥へズンズン入り
宮殿へ行って、女王様に相談し(だって女王様のほうが王様よりおしゃれなんだもの)
畑を走り、村々をまわり…。

さぁて、メネフネたちがそれぞれに、
自分がみつけたすてきな色を持って帰ってきました。

「宮殿から、カヒリの赤い羽(王家のしるし)をもらってきました!」

「やわらかくてかわいい、きれいなオレンジ色のイリマの花を持ってきました!」

「近くの村から、食べごろのバナナをいただきました!」

「山や谷から、きれいな緑のいろんな形の、たくさんのシダの葉っぱを集めてきました!」

「容器いっぱいに、海の深~~いところで集めた、青い水!」

「そして最後に、女王様のシルクのドレスの裾をちょっとだけいただいてきました!
なんて高貴な紫でしょう。女王様、ありがとう!」


そうして集めてきた材料を、ぜんぶボウルに集めました。
このボウルはハワイに古くから生えている「コア」という木でできていて、
つやつやと輝く、それは美しい入れ物です。

すべての材料をいれたあと、
山からカフナ(世話人、僧侶などと訳される)を呼んで来ました。

修行を積んだカフナは特別の力を持っていますから、
ボウルに入った材料は、羽もバナナも、
ゆっくりゆっくり、溶けていって「色」になります。

やがてカフナはサトウキビの細いクキをボウルにつけて、
先っぽについたしずくをみんなに見せました。

それは太陽の光を受けてきらきらとまぶしく、
何色にも輝いてみえました。

「うわぁ!」
「きれ~い!」
「ぼくが持ってきたバナナの色が見えるよ!」
「私がくんできた、深い海の色も!」
「山のシダの色も!」
「あ、女王様のドレスの色も、お花の色も、あ、それにカヒリのしるし、赤い色!」

そうです。これこそ、メネフネたちが作りたかった虹の色。

まざりあってもおたがいの色をかえることなく、
それぞれの色が、それぞれの色のまんま。
だけど手をつなぐように色が集まり、
お互いにもっと美しく輝くような、そんな色の、アヌエヌエ(虹)。

「いいものができた。そうか、これを虹と名づけたか。よしよし」

カフナは弓矢をつがえると、
矢のさきっぽに虹のしずくをたっぷりつけて、
灰色の雲をめがけて打ち込みます。

バシュン!ボワン!

カフナの放った矢は、雲にすいこまれていきました。

「これで、雨の粒の1つ1つに、虹の色が全て入ったよ。」
カフナは優しく言いました。

やがて、ぽつぽつと降り始めたお天気雨の、
すべての雨粒は、太陽の光をうけるたんびにキラキラ虹色に輝きました。

カフナの言ったとおりです。

「うわぁい!うわぁい!」

メネフネたちは大喜び、カフナも笑って言いました。

「ああ、本当にきれいだね。恵みの雨が、ますます愛しく思えるね」

やがて雨があがると、虹は大空を結ぶリボンになりました。

その上を軽々と、白い海鳥が越えて行きました。

雨に冷やされた心地よい風が、みんなの頬をなでました。

……そのあと虹は、大空に溶けていきました。

おわり。


おまけ。
メネフネが集めた、ハワイの虹は6色。
でも虹は7色、っていいますよね。
あと一色、あなたなら何色を虹に加えますか?
そして、それは何からもらってきましょうか。

以上、ハワイの神話より。再アレンジ by 水砂子


Misako (C) 2005 Hawaii
ああ、レアヒ(ダイヤモンドヘッド)にかかる虹はシャッターチャンスの神様が贈ってくれたプレゼント。
ありがとう、ありがとう、ありがとう。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/49-3e25075c
トラックバック
 9月25日午後2時、このたびの富士スピードウエイGT300レースの幕が切って落とされた。なんと、レースが始まって周回3~4周目にかかったところ、スピードウエイの東側に『虹のブリッジ』が架かったのだ!富士スピードウエイでは初めて、、、。久しぶりに見た虹は
GT300観戦小記 5/5 "Fuji GT300km Race" 最終回 | エセ男爵酔狂記 Part-II at 2005.11.03 10:22
コメント
桃組工房さま♪
ありがとうございまぁす♪

「桃組さんにいただいた桃から、桃色!」
なんてメネフネに言わせましょうか…
桃が入った虹、素敵ですよねぇ♪香りもしたりして…
水砂子 | 2005.11.04 18:02 | 編集
私ならやっぱり桃組の桃を取って桃色を。
桃組工房 | 2005.11.02 06:21 | 編集
見つけてくださって嬉しい!!!
コメントもありがとうございまぁす!ミナロさんのブログ、遊びに行きました♪
皆さん大活躍で嬉しい、嬉しい!
横浜は今、素敵な秋でしょうね。乾いた葉っぱの音が聞こえるような気がします♪
…そういえば、横浜のドングリは宇宙旅行をしたんですよねえ♪
それを考えればサモアー横浜は近いッ!?
水砂子 | 2005.11.01 12:46 | 編集
kamaainaさあん、お久しぶりです♪
オアフにいる間、kamaainaさんのところにフラリと訪ねていったら驚くかしら…などと、野望を練っていました(で、一体、ドコへ?!)☆←いつか実現したい私

オアフは、美しいランドマークの周りには、必ず高層ビル群があるんですよね。
京都やカウアイ島みたいに、ビルの高さの制限があればもっと美しさがひきたつでしょうにねぇ。残念。

暖かいコメントありがとうございました♪
水砂子 | 2005.11.01 12:03 | 編集
ご無沙汰してました。 いろいろ ばたばた~っとありまして・・・。
なぁんだ オアフ島まで来てらしたんだ~。
すぐ近くにおられたのですねっ☆
このお話しと写真、とてもよく似合う。
レアヒの横のコンドがちょっと邪魔ですね。

お母様のお話し、ちょっと泣けてしまいました・・・。
kamaaina | 2005.11.01 01:59 | 編集
おお、ええ景色や。ハワイ、サイコ~ですね。もう10年以上も行ってませんが、ほんと人を前向きな気持ちにするところですね。

そうか、同じ広場の住人だったんですね。
こちらでも(あちらはサボり中ですが)
あのミナロは、いまえらい勢いで盛りあがっておりますよ。
カラダに気をつけて、あばれまくってねぇ。
横浜、わざ・ものニュース | 2005.10.31 17:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。