スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何を恐れていたんだろうか

2005.11.11 (Fri)
日本で生活をしていたとき、
私にとって「都心」というのは「忙しく駆け抜ける場所」だった。
歩みを緩めることも立ち止まることも、
なんだか許されていないような感覚で、
ビルからビルに駆け回っていたものだった。

走っているうちにどんどん焦りが増して、止まることが怖かった。
都会で暮らすのは、私にはムリ!と思っていたけど…

都会に長く住む友人とおしゃべりしながら一緒に歩いた後、
ふと街を歩くことが楽になり、見上げた空は美しい夕焼けだった。
足を止めて、写真を一枚いただいた。

ああ、キレイだなぁ。
どこにいたって、急ぐことも止まることも、自分次第なのだと思い出す。

IMG_0122.jpg
Misako (C) 2005 Tokyo, Japan
人込みに入ると迷子の猫状態になる私が、
珍しく見上げた空は…優しいピンクの夕焼けでした。

皆さんの毎日が、素敵な日々でありますように。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/51-d9830a82
トラックバック
       12月、師走、時の経つのは早い。   今年2月中旬からブログをスタートして、10ヶ月目になる。 今年は、思いがけない出来事があった。それなりに生きてきた人生の中、図らずも、未だかつて遭遇したことのない体験を重ねた。 その一つ、人生の中で、わ
ブログ世界、あらたな旅立ち・・・ | エセ男爵酔狂記 Part-II at 2005.12.02 00:41
コメント
エセ男爵さま♪トラックバックもいただき、ありがとうございます☆
エセ男爵様ワールド、いつもご褒美のように楽しませていただいております。
さらに「粋に」とのこと、ますます楽しみですね♪
水砂子 | 2005.12.02 14:51 | 編集
水砂子さんの「心境」理解できます。
自然が好い、しかし「この手の都会」があるから、自然の良さがより一層大切なものとして実感できること。(私は、そう受け止めているのです)
このところ、
ちょっと私も「性根と根性」を入れ替え、今からの渡世を自分流に、もっと我儘に「粋に」渡りたく思っている今日この頃です。
それを宣言?する記事、TBかけさせてください。
エセ男爵 | 2005.12.01 07:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。