スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファア・サァモア

2006.06.11 (Sun)
私が今いる集落は、
湾から一気に駆け上がるような山に囲まれているので、
平坦な土地はほとんどない。

それでも、近所のサモアンファミリーは
つま先上がりの斜面を開墾して、タロイモ畑の世話をしている。

なにしろ周りがジャングルなので……
こまめに雑草をとり、雨で土壌が流れないようヤシの葉で芋の周りを覆い、
地中にて8か月、やがて丸々太ったタロ芋が食卓にのぼるまで
全て手作業での世話に休みはない。

収穫の時期が来ると、芋を静かに掘り起こし
丸々太った芋だけよりわけ、残りはまた、畑に埋めなおす。

タロイモの世話は、木の枝を使うのだそうだ。
鉄のシャベルを使うと芋がザックリと傷ついてしまうので「申し訳ない」と彼らは言う。
全ておいしく戴くことが大切なのだから、と。

この枝はよく使い込まれていて滑らかではあるが、とても重い。
父親は上手にその重みを利用して穴を掘る。
少年は父の黙々と穴を掘る姿を見て、見よう見まねで真似をする。
それを見守る母親の、満ち足りたようなまなざし。

湾を渡って来た風が、芋の葉を揺らして通っていく。
朝露が芋の葉の上をコロリと一周、地面に戻る。
やわらかな水彩画のような風景である。

これだけ世話のかかる芋、市場では高値で売られている。
しかし、この家族は収穫物はみんなのもの……といって、
全て近所に配ってしまう。

作物の恵みを配れることが、喜びであるのだそうだ。
それが、ファア・サモア(サモアのしきたり)であると。

この島は米領ゆえか、すっかり貨幣社会が浸透しており
特に港周りはいろいろと騒がしく
彼らのような人は珍しいのだ(道を歩いていると、現金をせびられることもある)。

サモアの言葉で、
「私の」という単語に、ラウ(Lau)という単語がある。
この単語、「私の」と同時に「あなたの」という意味も持つ。

私のものは、あなたのもの。
あなたの喜びは、私の喜び…。
この家族といると、いつも心が洗われる。

幸せの形は人それぞれ。
でも、根底に流れる心の向きは、きっと同じなんだな…と、フと思う。

いつもとても良くしてくださる私のサモアンファミリー、タロイモの収穫途中です。
人物はめったに撮らないのですが……
あんまりにも幸せな気持ちになる笑顔なので、日本の皆さんにもご紹介(本人たちも喜んでいます)。

右から、私のサモアンママ・リア母ちゃん、少年ユアサ、父・寡黙で優しいビッグユアサ。
IMG_0946.jpg
Misako (C) American Samoa
誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねえ。宮沢賢治 銀河鉄道の夜
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/74-9a3c6fbf
トラックバック
コメント
リンクありがとうございます♪嬉しい!モノクロ写真の静かな優しさって素敵です。

そういえば、つい最近まで、日本もそうだったんですねえ。
なんとなくサモアの人たちが懐かしいのは、
どこかで似たようなところがあるからなんですね。
こういう暮らしも(ここは特に米領なので)、急速に消えていきつつある光景なんです。
水砂子 | 2006.06.17 20:31 | 編集
さっそくご訪問いただき、リンクもありがとうございました。
こちらからもリンクさせていただきました。
開設したばかりでお客様も少ないので、お時間あるときにはぜひおいでください。
日本もつい数十年前まで、農作業や家事に使う特に木製のものは、身の回りの自然から材料を得て自分でつくっていたんですよね。
材料も樹種や枝の曲がり具合などからふさわしいと思うものを選んで、使い始めはともかく使い込んでいるうちに自分の手に馴染むようになり、他の人には使いにくいけど自分にはこれ以上ないというものになっていったんだそうです。
こもれび | 2006.06.17 17:23 | 編集
>人とはほんとに綺麗なもの
本当にそうですね。

つい、忘れがちなことなんですけど…
芯には美しくて優しくて綺麗なものを抱きしめている存在なんですよね。

とかく世の中はいろいろとあるので、本当に、忘れやすいことですけどね。

優しいお気持ちのコメントをありがとうございました。
水砂子 | 2006.06.16 18:05 | 編集
人とはほんとに綺麗なものなんですね。
気がつくと、妬みや恨み、つらみに埋もれてしまって、傷つけることしかしなくなったりする。

そんな風に笑いたいな。。
げてん | 2006.06.16 04:19 | 編集
プリンプリンほっぺさま♪
ありがとう、ありがとう♪
彼らの優しさ、ピュア~な思いを受け取ってくださって、ありがとう♪
水砂子 | 2006.06.13 00:29 | 編集
自然薯!懐かしい…!
折らずに掘り起こすのは大変なんですよね、でも、格別の味なんですよね…!

海山人さんも、「ラウ」な御仁なんですね。
「ありがとう」って素敵な言葉ですもんね。
水砂子 | 2006.06.12 23:04 | 編集
人物も大丈夫でしたか、ありがとうございます~♪
この笑顔は、彼らのお人柄そのもの、なんですよ。私はラッキーなんです。
本当に本当に、ありがたい存在なんです。
(で、このタロイモ畑がうちのヨコにあると思うと、何というジャングルに住んでいるんだ、と再認識する次第でして…)
水砂子 | 2006.06.12 22:32 | 編集
確かに、価値観が多様化した社会にいると、物を差し上げるのが難しくなりますよね。

彼らは本当に、なんというか、一緒にいるだけでハッピーにしてくれるファミリーなんですよ。
私は彼らを大大大好きなので、鏡の法則になっていたら嬉しいなあ。
水砂子 | 2006.06.12 22:29 | 編集
>★~その空の上では、神様が笑っていらっしゃる~♪
そうなんでしょうね、彼らを見ていると、
素直にそう思います♪
&…んままままッ!素敵なお褒めの言葉、ありがとうございます!
大事にして何度でも読み返して栄養にしちゃいます♪
水砂子 | 2006.06.12 22:25 | 編集
読んでいるうちに心が洗われるような感覚になりました。なんてピュアで優しい魂のファミリーなんでしょう。
水砂子さんの写真からも 人柄がとてもにじみ出ていますね♪
年齢不詳 | 2006.06.12 19:00 | 編集
私と、ここの方となんだか共通するとこ
ありますね。
秋~冬にかけて、山へ自然薯(ヤマイモ)
を掘りに行きます。かなり掘り出しては
知り合いに配ったりしてます。
みんなの喜ぶ顔を見るのが好きなので。
見返りは笑顔がなによりな私です。(笑)
海山人 | 2006.06.12 06:09 | 編集
人物撮影、お上手です!
水砂子さんの「お人柄」を反映しているのです。
きっとそうです・・・
エセ男爵 | 2006.06.12 02:42 | 編集
日本では喜んでもらえるとは限らないし、人にモノを差し上げる事も何だか難しくなっている感じがします。
きっと彼等も水砂子さんが大好きなんでしょうね。
桃組工房 | 2006.06.11 05:01 | 編集
>この枝はよく使い込まれていて滑らかではあるが、とても重い。
父親は上手にその重みを利用して穴を掘る。
少年は父の黙々と穴を掘る姿を見て、見よう見まねで真似をする。
それを見守る母親の、満ち足りたような眼差し。
湾を渡って来た風が、芋の葉を揺らして通っていく。
やわらかな水彩画のような風景である。

★~その空の上では、神様が笑っていらっしゃる~♪

いつもは、生きた貴女の写真に感動を受け続け・・・
今日は・・・>やわらかな水彩画のような風景を
このようにして文字に表せる水砂子様に、
ますますの愛と感動を~~~!

   ほんまにすごいひとですにゃぁ~(*' '*)ポッ
collet | 2006.06.10 23:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。