スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.17 (Sat)
ひとつ同じ空の下

   ひとつ同じ星の上

いろいろあって忘れがちなことだけど
                地球って…美しいなぁ

青は哀しみの色でもあるが、深く眠らせてくれる安心の色でもある。

Misako (C) Hawaii
見えぬけれども あるんだよ、
見えぬものでも あるんだよ。
              …金子みすず「星とたんぽぽ」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/75-425a09ca
トラックバック
垂れ流し報道の責任・・・何でもかんでも「言い放」し、そして「タレ流」す、、、。「人と国を愛す」という人間愛の軸を逸した無節操報道には困ったものです。ここに至ればもはや、社会的な「厄介もの」だと思えてなりません。身近な友人に、大手旅行会社勤務の優秀な人物が
「人と国を愛する」を否定するか、無節操且つ垂れ流し的メディアを問う・・・ | エセ男爵酔狂記 Part-II at 2006.06.21 17:47
("Milkmaid" (1658-1660) by Johannes Vermeer, from Wikipedia) 本日の「光陽展の展覧会」鑑賞感想文は、『ティータイム』について・・・ ・・を、書かなければなりません。 実は、作品「ティータイム」を観ていると、なぜかフェルメールを思い出した。理由は
光陽展「広島展」によせて(5/6)-1 「作品:ティータイムから、フェルメールを連想する・・」 | エセ男爵酔狂記 Part-II at 2006.06.21 18:05
コメント
桃組さま♪ありがとうございまーす!
金子みすずの詩に接するとき、
美しさと儚さを同時に感じます。
神様も、抱き上げてしまいたくなるような感じ…。

桃組さまの今日も素敵な一日でありますように。
水砂子 | 2006.06.25 01:18 | 編集
ここにくるといつも癒されます。
金子みすずは苦しい環境の中であんなに優しい詩を書き続けた素晴らしい詩人ですね。
私も大好き。
でも美し過ぎる心ゆえに自殺してしまった悲しい女性でもあります。
水砂子さんにとって今日も素敵な一日でありますように。
桃組 | 2006.06.23 16:27 | 編集
深呼吸してもらえて幸せ至極のワタクシです☆
深い青がお似合いなんですね、colletさぁん♪
みんな、それぞれに好きな「青」が違う…そんなことも、なんだか嬉しいバラエティだったりするワタシです♪
colletさぁん、ありがとうございまーす♪
水砂子 | 2006.06.22 13:57 | 編集
エセ男爵さま♪
「スカイブルーとコバルトブルーの間」…
こうやって、表情を切り取っていただくと
新たな発見がありますね!ありがとうございます!
TBもありがとうございます、私も後ほどいただきに上がります♪
水砂子 | 2006.06.22 13:50 | 編集
空の青は宝物
海の青もたからもの

子供の頃
水色が嫌いだったの

私には似合わない色だから
だから好きになれなかったのだと思う

でも、紺色はすき。

だから、
ドキッとするこの写真の一番上。

一番上の濃い青が
私には似合うような気がする^^
(この写真の色は全部好きだよ)


水砂子~♪
おかげさまで、今日も深呼吸できました。
collet | 2006.06.21 20:14 | 編集
フェルメールブルーの「TB」を(久しぶりにかけさせて下さい)、、、
エセ男爵 | 2006.06.21 00:46 | 編集
こもれびさぁん♪
>目に見えないものの存在を感じ、くみ取っていく力。
>そんな力を備えた人間になりたいと。

ああ、そうか。そういうことって、
まさしく、培っていく「力」なんだなぁと、改めて思いました。
私もそういう意味で力強い人間でありたいと思います♪
ありがとうございます☆
水砂子 | 2006.06.20 11:13 | 編集
こちらこそ、いつも素敵なアングルの日記をありがとうございます♪
>夢の中では空を飛んで、紺碧の海を見下ろして
素敵ですね♪夢も現実も、翌日になれば同じ「記憶」という箱に入るものですもんね。
海山人さまの夢の紺碧の海の色、深い青でしょうね。
今、ヒョイと遊びに行ったらメンテナンス時間でした。また後ほど…
水砂子 | 2006.06.20 11:11 | 編集
げてんさま♪ありがとうございます☆
なにかがフっと琴線に触れるたりして、スーと涙が出ることってありますよね。
悲しい、苦しいのではなく、本当にスー…と。静かに、深く嬉しい涙というか…。

げてんさまのおっしゃるとおり、私たちはいつでも、空には許されている存在なんでしょうね。
水砂子 | 2006.06.20 11:07 | 編集
さいごの金子みすずの詩は、今になってよく分かります。
こうありたいと思っています。
目に見えないものの存在を感じ、くみ取っていく力。
そんな力を備えた人間になりたいと。
こもれび | 2006.06.19 06:34 | 編集
こんな青い星に私達は住んでるんですね。
私の住んでる所は、煙突と煤煙、茶色の海
が拡がっているんですよ。夢の中では空を
飛んで、紺碧の海を見下ろしているんですが…美しい写真、ありがとう!!
海山人 | 2006.06.19 04:36 | 編集
大きすぎる。
最近涙もろくて、大きいものを感じると泣きそうになります。地球って大きいな。見えようが、見えまいが、どうだろうが、気付いて貰えなくても、いつでも、空はあって、気付けばこんなに幸せにしてくれます。
大きいなぁ。いつでも空は私たちを許してくれそうです。
げてん | 2006.06.19 01:41 | 編集
TYDAさぁん、ありがとうございます♪
この青の美しさ…なんという美しい星…!
本当に、感謝しか出てきません。
シャッターチャンスの神様にも、感謝…ご紹介できて、感激を共有できて、ワタクシ幸せ至極でございます☆
水砂子 | 2006.06.19 01:29 | 編集
zazenさま、いつもながらに暖かいコメントありがとうございます!
とーても嬉しい♪
内山興正著の本をzazenさまの視点からご紹介いただけるんですね!
なんて素敵な出来事でしょう☆
本当に有難いことです、ありがとうございます!!
水砂子 | 2006.06.19 01:26 | 編集
美しいね~~
感無量です。はい^^
感謝しか出てきませんね~☆
TYDA | 2006.06.18 19:30 | 編集
前回のビッグユアサ一家の写真、とても幸せな家庭の様子が伺われて感動しました。
今回の「見えぬけれども あるんだよ、
見えぬものでも、あるんだよ」という句と
大空の写真、未砂子さんのブログで拝見するとまた素晴らしく感動的になります。
ありがとうございます。

 内山興正著の本、早速図書館から借りて読みました。「大空が語りかけるー興正法句詩抄」という詩集です。一つの詩からヒントを頂き、次回のブログの一部に紹介させていただくよう今一生懸命推敲しているところです。
zazen256 | 2006.06.18 11:01 | 編集
ご訪問ありがとうございます♪
「私と小鳥と鈴と」
みんな違って、みんないい…素敵な詩ですよね。
彼女の詩は、どれもものすごい滋味と感性で、私も大好きなんです♪
ありがとうございました☆
水砂子 | 2006.06.18 00:39 | 編集
こんにちは!タスクと申します。

金子みすずの詩は良いですね。
「私と小鳥と鈴と」が好きです。
タスク | 2006.06.17 22:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。