スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翼を操る

2006.09.29 (Fri)
時々、この島に訪れる「ミサゴ」のような鳥。
数分旋回し、空の彼方に消えてしまうのだけれど、
姿の美しさに、毎回ついつい、見とれてしまう。

ほんの少し、本当にほんの少し翼の向きを変えるだけで
次の瞬間には風を捉えて急上昇。

今の自分の位置に一喜一憂するよりも、
本当に気をつけるべきなのは、
心の「向き」なのかもしれないな、とフと思う。

*-*-*-*-*-* 皆様の毎日が素敵な日々でありますように *-*-*-*-*-*
seahowk.jpg
Misako (C) American Samoa
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/85-e1e43d9d
トラックバック
コメント
ご訪問ありがとうございます!
夜空も素敵ですが、なにぶんにもカメラの性能が追いつきませんで
何枚も真っ暗写真を撮り続けています…(涙)
でも諦めずにチャレンジ中ですので、励ましのお言葉、うれしいです!
ありがとうございます♪
水砂子 | 2006.11.24 12:35 | 編集
kounitさんのブログから来ました。
サモアの青空の素晴らしさ!
夜空も素敵なのでしょうね。
今度は、南海の島の星空か月影を見たいなって思っています。
やいっち | 2006.11.24 02:51 | 編集
海山人さま!
検索してくださったのですね!
ありがとうございます!!!
ハイタカですか、名前を知ると、急に身近に感じてしまうものですね。
嬉しい、ありがとうございます!
シャッターチャンスの神様にも感謝しつつ…☆
水砂子 | 2006.10.12 20:09 | 編集
検索して、一番近いのが、ハイタカのようです。分布域もあってるし…
しかし、よく撮影できましたね!猛禽類は
警戒心が強く、なかなか撮ることができないんですよ。素晴らしい~(^^
海山人 | 2006.10.08 17:14 | 編集
桃組さま、ありがとうございます☆
たぶん、やりたいことを精一杯やっているときって、方向はあっていることは多いですよね。
精一杯になれないとき、何かしら理由があるように思いました。
水砂子 | 2006.10.06 19:53 | 編集
こもれびさぁん、ありがとうございます♪
島に一つだけある図書館の「南の海の鳥図鑑」みたいなものでは、こんなに美しい羽模様をもった鳥は見つけられなかったので、正体はナゾなのです。
転ばぬ先の杖…先人の言葉は奥が深いものですね。
水砂子 | 2006.10.06 19:50 | 編集
zazenさま、いつもありがとうございます!
皆さんに、写真を見ていただけるのはとても嬉しいこと…
そこから、思いや考えを広げたり深めたりしていただけるのも、さらなる喜びです!いつもありがとうございます☆
水砂子 | 2006.10.06 19:47 | 編集
自分の向いている方向はどうなんだろう?
と考えさせられました。
答えは多分ずっと先にならないと解らないけど、その時々精一杯後悔しないようにやりたい事をやるんだって決めています。
桃組 | 2006.09.30 03:50 | 編集
ハヤブサって、羽の裏の模様ってこんなじゃなかったでしたっけ?
もちろん、写っているのはハヤブサじゃないでしょうけど。
意識して進む方向を見定めていないと、トンデモナイ方向に行ってしまって、修正するには容易ではありませんね。
転ばぬ杖の…たとえあり。
おかしいと思ったときにはかなり進行していて、すぐに動き出さないと大変なことになりかねません。
こもれび | 2006.09.29 23:45 | 編集
 この素晴らしい写真もまた、いつまでも私の脳裏から消えません。
 この大鳥は大空を背景に、翼を広げて飛びながら人間社会をどのように観察しているのでしうか。単に獲物だけを探しているとは思えません。
 私も時々この大鳥のような心境になって、大空から小さく見える人間社会を自由自在に悠々と眺める時間を持ちたいと思います。
 それにしても水砂子さんの写真には感動させられ、物事を深く考えるヒントを与えてくださいます。
 感謝しています。ありがとうございます。
zazen256 | 2006.09.28 21:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。