スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ってみる

2006.11.11 (Sat)
何もかもが手の届かないほど遠くに見えて、
いや、すごく近くに見えるのに、見えない壁がたちはだかって、届かない。触れない。

泣きつかれて眠りに落ちて、泣きたくって目が覚めて…
苦しくて、辛くって、…生きていることが苦しいと思うとき、
いのちが引き潮に巻き込まれたように弱まるときというのは、
何らかのリズムで、誰にでも等しく訪れるものかもしれない。

だけど、それでも…

やがてもう、届かないだろうと思っていたほどの彼方から、
いつしか、力は戻ってくるものだ。

引いた潮が必ず満ちてくるように
ひたひたと、豊かに溢れてくるように
暖かい気持ちになれる日は、必ず、フイに訪れる。

本当に辛いとき、苦しいときには忘れがちなことだけど、
いや、忘れがちなことだからこそ、いつも心にしっかりと抱いていたい。

動けないならしばらく動かなくてもいい、辛すぎるなら逃げたっていい、
悲しいのなら、泣きながらだっていいと思う。

どうがんばったって、生きている限り死亡率は100パーセント。
だからこそ、生き急がないでいきたいものだ。

世界は広い。
当たり前すぎて素通りしがちな一言だけれど、
まだ見ていない世界が多分、寿命を一杯に使ったって回りきれないくらいに広いということに気づければ、
必ず気持ちは楽になる。
…本当に辛いのは、そこまでだ。


Misako (C)Hawaii
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/89-c27bc4cd
トラックバック
コメント
blueさんのブログに引用していただけて嬉しいです(^^)
こちらこそありがとうございます!
>心だけが急いで先を行ってしまう
しっくりくる表現…こういう日々はどうしてもありますね。
自分の中にあるキラキラしたものや、頼れるものをすっかり忘れて、ドタバタしていることも多い私です。
水砂子 | 2009.09.08 12:11 | 編集
勝手ながら、水砂子さんの言葉を
私のブログに引用させていただきました。

なんだか生き急いで、心だけが急いで先を行ってしまうのに疲れた日
いつもここを覗かせていただいています。

ありがとう
blue | 2009.09.08 08:00 | 編集
海山人さま、いつもありがとうございます。
ご自身の経験から導き出された言葉をシェアしていただき、本当にありがとうございます。
人は一生をかけて、秩序やバランスを自分なりに見つけ続けていくものなのでしょうね。
水砂子 | 2006.11.20 17:42 | 編集
秩序とバランスで保たれているようです。
悪いことをすれば、報復が帰ってきます。
善い事をすれば、幸せが…そうです。
世界というより、宇宙全体はそんな秩序を
人類に課せているようです。私が生きて
きた経験から、そう思うようになりました。
海山人 | 2006.11.16 05:10 | 編集
>人生は本人だけの宝物ではなくて、あなたを愛する周り全ての人の宝物なんだから。
本当にその通りですね!素敵な言葉たちを、ありがとうございます。
逃げ道はそのまま、美しい夢を紡ぐ糸にもなり得ますよね。
いろんな道があっていい、本当に、いろんな世界があっていい、それを確かめるためだけだとしても、素敵な生き方なんだと思います。
水砂子 | 2006.11.15 21:10 | 編集
私の絵は現実拒否をしているそうです。
そう、現実を受け入れる事がとても辛かったから、幻想の世界へ絵を描いている時だけでも逃げたかったんだと思います。
逃げ道を何処かに残さないと、壊れてしまう人の弱さは逆に強さでもあるよね。
悲しむ人が居る事を忘れないで生きて欲しいよね。
人生は本人だけの宝物ではなくて、あなたを愛する周り全ての人の宝物なんだから。


桃組 | 2006.11.14 02:03 | 編集
お手数かけます、もう一度書き込んでいただけてとても嬉しいです、本当にありがとうございます!何が悪さをしたものか…。とほほ…

>あしたどんな日になるか。
そうですよね、もったいない。
どうがんばったって、いずれこの体とは別れるのだから、どうか急がずに…。
水砂子 | 2006.11.14 00:21 | 編集
kounitさま、ありがとうございます!
ご指摘の通り、ここはツイアビ酋長のいた島の近くです。
ホームページ拝見させていただき、いろいろ発見したり懐かしく思ったりしています、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。


水砂子 | 2006.11.14 00:10 | 編集
頑張るのも大切なんだけれど、頑張りすぎないのも、また、勇気ですよね。
人生は、♪ケセラセラと、♪My Way の二曲を交互に歌いながら行くもんだ、って
誰かに教わったんですケド(ダレだか忘れちゃいましたよ!とほほ…)
水砂子 | 2006.11.13 23:36 | 編集
zazenさま、いつも暖かいメッセージをありがとうございます。
心を楽に穏やかに保つ方法、しかも実践可能なものをご紹介いただきまして、うれしい限りです♪
確かに怒りながらは笑えないものです。
自分が感謝そのものになるまで、ありがとうの言葉を伝え続けていきたいものですね。
ありがとうございます♪
水砂子 | 2006.11.13 23:22 | 編集
昨夜、投稿したときは確認できたんですが、いったい何があったんでしょうね。
どういう書き方したか、恥ずかしながらあいまいなんですが、趣旨は同じということで。
最近、日本ではいじめを苦にした子供の自殺、いじめ発覚後の校長の自殺、あるいは役所の不祥事を受けての役人、元役人の自殺が連日のように報道されています。
あしたはどんな日になるのかな。
それを確かめるため、きょう死のうなんて考えるのは止めようよ、みんな。
こもれび | 2006.11.13 05:15 | 編集
パパラギのツイアビの国のようなところですね。美しい写真時々拝見しています。
私は日本の過疎の村の山小屋で一年の多くを暮らしています。お元気で。
kounit | 2006.11.12 16:17 | 編集
「人生楽ありゃ苦もあるさ~♪」とはうまくいったものですね。

最近読んだ本に「負ける、やめる、あきらめる」というのがあります。たまにはそういうのも必要ですよね。。。。
kazraasch | 2006.11.11 17:19 | 編集
 人間には理屈では考え及ばない「力」が備わっている、という意見もあります。
 考えることによって却って混乱を引き起こしてしまうこともある、ということだと思います。ですから対応策を考えることと併せて、「何も考えないこと」も苦しみから逃れられる大切な方法である、というのです。考えないことによって新しい力(宇宙力)が湧き起ってくるということです。

 そこで私は夜眠るときや、夜中に目が覚めて眠れないときには次のようなことをします。
先ず、「ありがとう」を七回唱えます。(黙誦)
次に、「頭の中を空っぽにするのだ。
 全ては、夢・幻・泡・影・陽炎のようなものだ。少なくとも今、此処では起きていないことなんだ。そんな起ってもいないことをあれやこれや考えるよりも、数を数えることに集中した方が、よっぽど自分のためになる」と自分に言い聞かせて、
 「ひとおつ、ふたあつ、・・・・・・(と数え)ひゃあく」というように イメージを描きながら、1から100までを眠れるまで何回も何回も繰り返します。
 眠り難いときでも五回位、繰り返しますと眠れます。
 人間は一度に二つ以上のことはできないものであると言われます。
 何事かに集中することは効果的、と思います。
 私的なことを長々と失礼しました。
 お許しください。
 くれぐれもご自愛ください。 
 それにしましても、九月十三日に水砂子さんのお声が聞けなくて残念に思っています。
 今、毎朝の体操に船井幸雄(検索可)先生が推奨されている「両手振り体操」300回を加えて実行しています。
zazen256 | 2006.11.11 10:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。