スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マタフォノ山の羽衣

2006.12.08 (Fri)
ツツイラ島で一番標高の高い山、マタフォノ山(標高653m)。

港周りの部落に雨を落として軽くなった雨雲は、
羽衣になってマタフォノ山をふんわりくるみ、そして空に帰って行きます。

*-*-*-*-*-*-*皆様の毎日が素敵な日々でありますように*-*-*-*-*-*-*


いつもマタフォノ山に見守られているのが、私のいる部落。
手前からパンゴパンゴ湾、右手にセイディーズトンプソン(サマセットモームの小説「雨」の舞台。今は船乗りで賑わうバーと、レストランとホテルです)
私のいる集落は木々に隠れて見えませんが、写真の左端のやや山を登ったあたりです。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/92-7cb11e9e
トラックバック
コメント
kounitさま、ありがとうございます☆
強烈な嵐の後ほど、ふっと訪れる凪いだ夕方は優しくて、美しいものなのです。
少しでも雰囲気をお届けできればなぁと思っているので、とっても嬉しいですー!
水砂子 | 2006.12.16 13:22 | 編集
そうなんですよー、ここはAustraliaでいうならSydneyのCircular Quay、日本でいうならお台場兼京浜工業地帯最深部ですから、立派な建物やレストランがあるのデスよ!

この島が米領になって100年、それでもこの程度の開発で済んでいるサモアって、やっぱり文化が強靭(&気候が強烈)なのかなあって思っています。
水砂子 | 2006.12.16 13:19 | 編集
海山人さま♪いつも素敵な写真をありがとうございます☆
なるほど、ハンドルネームに願いがこもっておられるのですね!!
私は海辺の観光地で生まれたので、水と砂の子供、という名前をもらったのですが、ずーっと水のそばで暮らしていたいなぁ、なんて思っています。
水砂子 | 2006.12.16 13:12 | 編集
えみママ様~、リンクありがとうございます!こちらもRSSリンクというので、つながらせて戴きました!
愛情たっぷりのレシピと一緒に伝わってくる暖かいものに惹かれて、また遊びに行かせて戴きます♪
水砂子 | 2006.12.16 13:10 | 編集
桃組さま♪ありがとうございまーす☆
雨季は特に暑さや嵐が激しいのですが、フっと凪いだ夕方は、何もかも優しく美しいものだなあ…と対岸に渡ってみて、改めて思いました。
しかし反対側はツナ缶工場が黒い煙をあげて空気を焼いているので、香りが複雑、思いも複雑です。
水砂子 | 2006.12.16 13:08 | 編集
こもれびさぁん♪ありがとうございます☆
そうなんです、ここは小さな小さな島なので、この標高でも聳え立つように見えるのですよ。
小説「雨」の舞台は、残念ながら、島の人々にはあまり関心がないのがオーナー(ニュージーランド人)の泣き所だそうです。
口伝を大切にしてきた島の文化に、小説は馴染みにくいのかなぁなんて思っています。
水砂子 | 2006.12.16 12:59 | 編集
エセ男爵さま、ありがとうございます♪
冬の浅間山も美しいですね!いつもありがとうございます。
まさに季節が逆なのだなあ、と感慨深く思っております。
21世紀ってありがたいなぁ…。
水砂子 | 2006.12.16 12:53 | 編集
写真も素敵だが、羽衣の詩もすてきですね。
kounit | 2006.12.15 02:56 | 編集
↓の銀色の世界も含めまして、素敵なところですね。
「部落」といつもおっしゃるので、本当にすごいところかとおもってましたが、2階建ての建物だってあるじゃござんせんか!
やっぱり自然の多いところっていいなぁ。
kazraasch | 2006.12.13 22:55 | 編集
老後は、海のそばで裏は山があるところに
住みたいと願っています。いいな♪水砂子さん。
ハンドルネームは、そんな意味を含んでるんですよ。
海山人 | 2006.12.13 05:35 | 編集
先日は、コメントありがとうございました(*^_^*)
とっても素敵なブログと水砂子さんのお人柄がひかれて勝手にリンクをしてしまいました。
不都合等がありましたら、おっしゃってくださいね。
それではまた遊びに来ますね
えみママ | 2006.12.12 11:43 | 編集
美しい海と深い緑に囲まれてたとっても素敵な場所に居るんだね。
私は都会ばかりに住んで来たから、老後はこんな場所で暮らすのも良いなあ。。。なんて思っちゃう。
桃組 | 2006.12.12 01:54 | 編集
モームの小説の舞台ですか。
そう教えられるとありがたみが増してきます。
600ほどの標高で島の最高峰なんですね。
こもれび | 2006.12.08 23:11 | 編集
いいなあ~・・・・
やはり我輩、只今「山にこもりっきり」にて、いくら強がり言っても、海を見ないと落ち着かない!か?・・・
海岸沿いのヨット・クルーザーの群れと建物の取り合わせ、好いですねえ、、、。
(TB頂き、たいへんありがとうございます!!!)
エセ男爵 | 2006.12.08 21:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。