スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球号

2007.02.13 (Tue)
地球を満たす海の青、海の上の大地の緑、
空を流れる雲の白、日々の暮らし…
   …「地球号」という言葉を思い出す。

その地球がたゆとう無限の宇宙に思いを馳せれば、
なんとも雄大な空間に生を受けたものだなあ、と、そんな気持ちになりました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*皆様の毎日が素敵な日々でありますように。*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
IMG_0045.jpg
Misako (C)
去年の今頃、シンガポールに向かっている途中の機内から、カウアイ島。
ガーデンアイランドと呼ばれる、ハワイ諸島では緑あふれる一番古い島です。
雲が漂うのは、世界で最も降水量の多い山の一つと言われるワイアレアレのあたりでしょうか。
(ワイアレアレはハワイ語で、さざなみ立つ水の意味)
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tunamaguro.blog7.fc2.com/tb.php/98-2357ea49
トラックバック
コメント
カウアイ島
奇麗に見えていますね

ハワイに行きたくなります、
ryuji_s1 | 2007.06.24 20:16 | 編集
トラブル、大変ですね。頑張ってなおして下さい
昨日、朝11時から夜9時まで、通し狂言の歌舞伎を見てきました。外国にいると、超日本的なものも懐かしいでしょう。でも昨日、私は歌舞伎の中にゲーテの心を見ましたよ。よかったら私のブログを
しんころ | 2007.03.03 18:51 | 編集
ご訪問ありがとうございます!
星野道夫氏は大好きな写真家でしたので、
ぜひぜひ遊びに行かせて戴きます!

私は寂しがりやのくせに、一人旅が好きなんです…。
マイペース更新ですが、どうぞ気長にお付き合いくださいませ!
水砂子 | 2007.03.02 19:44 | 編集
TYDAさぁん♪
きっとカウアイ島は、TYDAさんが訪れた時とそれほど変わっていないのではないかなって思います♪
といいつつ、私も最後に訪れたのはかれこれ6年前ですが…。
素敵な思い出…一生大切にできる、キラキラの宝物ですね!
ありがとうございます♪
水砂子 | 2007.03.02 19:20 | 編集
えみママさま♪
ご訪問いただき、ありがとうございまーす♪
写真を皆さんに見てもらえるのは、私の喜びでもあるので本当に嬉しいデス☆
それから、えみママの柔らかな言葉で、愛情を、しっかり戴きました!
お互いに、素敵な日々をすごせますように♪
水砂子 | 2007.03.02 19:18 | 編集
エセ男爵さま♪
ありがとうございます!
地球っていうのは、結局、
水と光のフォーメーションみたいだなぁ…と思って見ていたので、エセ男爵さまのコメント(ほとんどの物質は…)に助けていただき、再確認できました♪
地球を占める水分量と、人体を占める水分量の比率は同じ、というところも、またまた、ロマンのあふれるところですよね!
ありがとうございます♪
水砂子 | 2007.03.02 19:14 | 編集
海山人♪お返事遅くなりましたー。
こんなに青い星のどこかで、今日も広大な森が焼かれ、街が焦土と化していることを思うと、
とても悲しくなるものですね。
身の回りから、できることから少しずつでも、より多くの人が行動を始められることを祈らずにはおられません。
水砂子 | 2007.03.02 19:09 | 編集
zazen256さま、いつも暖かなコメントをありがとうございます!
自分の足元から広がる宇宙を考えると、
私たちの存在そのものが、きっと、とってもありがたいものなんでしょうね。
本当にありがとうございます!
水砂子 | 2007.03.02 19:05 | 編集
こもれびさぁん、
お返事遅くなりましたー!
ハワイの言葉はかわいい響きのものが多いですよね。
「レレ」が走る、
「レレレ」が跳びまわる、みたいな言葉もあるんですよ♪

それはさておき、ちゃんと手入れをしていかないと、取り返しのつかないことになることには、全く同感です。
大切なものを大事にするのって、勇気がいることもあるんですよね。
水砂子 | 2007.03.02 19:00 | 編集
エセ男爵さんから紹介されました。
ブログもさることながら、すごい生き方ですね。写真家星野道夫のことを、今ブログに書いています。彼の行動力もすごいけれど、水砂子さんのそれもすごい。
日常生活に縛られた奴隷の心には、まぶしいです!
しんころ | 2007.03.01 00:14 | 編集
カウアイ島に行ったのは、
もう20年近く前のことです~
すべてが美しい思い出となっています☆

思い出させてくれて、ありがとう^^
TYDA | 2007.02.23 05:48 | 編集
毎回、ため息がつくほど素敵な写真と文章です。

そして水砂子さんの文末の
“皆様の毎日が素敵な日々でありますように”
という言葉大好きです♪

いつも優しい気持ちと素敵な写真をありがとうございます。
水砂子さんの毎日も素敵でありますように・・・
えみママ | 2007.02.20 23:12 | 編集
青色!・・・
Blue!・・・・・・・・・・
そんな色彩の大集合か、、、。
青は私の大好きな色です。
太陽光線と空気の層の織成す色彩のマジックなり。「青色」は、水と空気中の水蒸気の屈折反射で太陽光線が色彩分解され、人間の目には青色に映るの理屈、なんとなく解ってきますよね。
撮影している機上の人水砂子さんは、たぶんおおよそ1万メーター前後の位置?
高所高見ゆえに、観えてきますね~・・
一つ、
本当に地球は丸いという事実、よくわかる。
二つ、
この距離まで上空に上がり、こうしてみると地球のほとんどの物質は水分で出来ているのか。青い地球・・・
三つ、
永遠に、宇宙空間遊泳する「地球号」ここに観たり、、、。
「・・・!」
ほんとうにきれいですねえ~・・・
エセ男爵 | 2007.02.19 17:10 | 編集
この美しい島々も、いつかは温暖化で海水面が上昇して
水没の危機にたたされてしまうんでしょうね…
自然破壊は、もう止められないのでしょうか…
海山人 | 2007.02.17 04:11 | 編集
「その地球がたゆとう無限の宇宙に思いを馳せれば、なんとも雄大な空間に生を受けたものだなあ、と、そんな気持ち」
 良いお言葉です!。写真も素晴らしいです。
 この写真を眺めながら、私は思います。人間もアリさんたち小動物も皆んな平等だと。
 むしろアリさんたち小動物の生活振りを見て、反省しなければならない、と私は思います。何故なら、彼らの生活振りは、
毎日の生活において、自分を大切にしながら堂々と生きていけばよい、ただそれだけのことなのだ、何も苦しむことはないのだ、ということを教えてくれている、と私は思うのです。
 この雄大な宇宙の中では、すべての動植物は平等な生物なのですね。
 そのことを思い知らされる写真と文章でした。
 水砂子さんには心から感謝します。
 ありがとうございました。

zazen256 | 2007.02.14 11:15 | 編集
ダジャレの一つでも言いたくなるようなワイアレアレ。
船を傷め続けていると、どんなに丈夫と思っていた船体も取り返しの付かない傷みが来ます。
メンテナンスしながら大事に使っていかなければなりません。
こもれび | 2007.02.14 06:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。